カテゴリー
default

日銀当座預金のマイナス金利の影響

今日の日本経済新聞の2面によれば日銀当座預金のマイナス金利が三菱UFJ銀行に適用されると言うことです。

超低金利環境が続くなかでも、お金がどこにも行かなくなってしまって預金が積み上がったが原因です。

理由は、経済の先行きに不安があり、消費するよりはお金を預金として貯めておこうと消費者が考えているからです。

このような中で消費者であるわれわれはむしろ預金よりは投資に向けて証券口座などで分散投資をして将来への資産形成を考えた方が良いでしょう。

コメントを残す